カテゴリー:特許翻訳のコツ

  1. 昨日も1つ新しい発見がありました。 スキームとゆうのか、そこまで言うほどのものじゃないのか分かりませんが。 こうしてみようか?って自分で思ってやってみる。 そして継続してみる。 少しずつ自分のスタイルが出来上がってくる。 少しずつ…

  2. not more than one ●● なんとも、悩ましい表現です ( ̄Д ̄;; not more than ●●  ●●以下 more than one ●● (自然数が妥当な場合)2つ以上の●● <2つ以上の●…

  3. 半導体分野の書籍をただひたすら読み続けた上(今3冊目の半分くらい)で、 勉強の指針というか、もうちょっとふんわりしたものが何となく見えたので書いておきます。 多少なりとも実ジョブを捌いた経験を元にして。 馴染み…

  4. 実際に特許明細書を翻訳する上でやっているルーティンをご紹介します。 と言いましても別に大したことはございませんので、 はっと思われた、又はおっと思われた方はどうぞご参考になさってみて下さい。 結論から申し上げますと、 マイン…

  5. 翻訳作業を遂行する上で、 実はこれまでトラドスさんをあまり信用しておりませんでした。(ごめんなさい) ちょっと長めの用語を登録しようとしたら、すぐフリーズするのです。 (PCのメモリは16GBなので問題ないとは思うのですが、PCについ…

  6. 実ジョブの進め方 自分の成長の足跡がてら記録しておきます。(かなり大雑把です) 毎回できてるわけじゃありません!(臨機応変) たぶん半年後、1年後に見直したら、全然違うものになってると思う。 ① 案件を受…

  7. まったく馴染みのない獲れたてピチピチの案件(トライアル、明細書)に取り掛かる時の、コツをまとめてみます。いわゆる ”背景知識” の身に付け方です。 *僕自身の経験に基づいた今現在の気付きです(3日もしたら変わるかもしれ…

RETURN TOP

アーカイブ

翻訳者の装備品

誤訳しそうになったシリーズ

展示会・セミナー

学会

今日は何を読もうかな