ブルーバックスが好き

この記事は1分で読めます

と言っても大量の蔵書を持ってるわけじゃないのですが、

1年ぐらい前に漠然と翻訳やりたいな~って思いながら、本ばっかり読んでた頃に購入したうちの一部。実はほとんどまだ読んでませんが、部屋で背表紙を見る度に読みたくなります。

ブルーバックス

ブルーバックスは、難しい内容を一般の人に分かりやすくコンパクトに解説している感じで、とてもとっかかりやすいです。(とっかかって積ん読状態ですけどー)
スターターキットみたいな感じですね。

 

でも今、積ん読だったとしても、本棚に並べておいて良かったなと思います。
仕事をする上で未知の案件に取り掛かる時、たぶんとても良い “とっかかり” になってくれそう。
どこから調べたらいいんだーって頭抱えちゃう時に、本棚眺めて、おっ!? となるのが理想なのですが。

 

化学、物理、数学、バイオ、宇宙、などバラバラですが、
意外と電気/機械系、興味あったのかな?(新しい自分を掘り起こしたかな?)

20冊ぐらい選ぶのに200冊以上ある棚の前で長い間パラパラめくってたの覚えてます。
本屋さんのブルーバックス棚、棚買いしたい野望が抑えきれない!(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特許翻訳のコツ

学会

展示会・セミナー

翻訳者の装備品

アーカイブ

今日は何を読もうかな