分析機器とは? 森(全体像)を描いてみた

この記事は1分で読めます

JASIS 2016 の出展企業の目星をつけていて、
どうも全体像が掴めなくて気持ち悪かったのですが、
下記マインドマップにまとめたら(いえ、転記です)すっきりしました。

いえ、あまりの広大さにちょっと吐き気が。

ん?いや、これならやってやれんことなさそ。

(うまく表現できませんが、最近少し意識が変わってきました。やること多くて途方に暮れる感もある一方、全部関連性があるから1個1個丁寧に潰していけば後々加速する感じがします。)

 

分析機器

*クリックすると拡大できます (^^)/

JASIS 2016 HPの製品分類選択検索画面より転記

エクセルにコピペしたらもっと早かったのですが、自分で最初から作る要領で手打ちしていきました。写経が良いとかよく聞きますが、これも同じですね。他人がカテゴライズした内容をまんま転記しているだけなのですが、手打ちしている間に無意識にちゃんと頭の中で考えるので、多少は自分の頭の中の地図が構築されていきます。

 

これ全部マスターするのを目標にノート作るかー
このマインドマップの中の<その他~>ってとこが日々更新されていくんでしょうが、
これ全部頭の中で自動展開できるようになったら

【分析機器】分野では特許翻訳者の上位1%になれるんじゃない!?

 

少し分析機器の細部に入り込みますが、今から佐藤真空(株)さんのHPで勉強します。
細部と言っても、<真空>というこれまた深い世界が待ち構えていましたね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 08.05

    お出掛け欲

  2. 2016 09.27

    積ん読本

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特許翻訳のコツ

学会

展示会・セミナー

翻訳者の装備品

アーカイブ

今日は何を読もうかな