実ジョブの進め方(2016年10月現在)

この記事は3分で読めます

実ジョブの進め方
自分の成長の足跡がてら記録しておきます。(かなり大雑把です)
毎回できてるわけじゃありません!(臨機応変)

たぶん半年後、1年後に見直したら、全然違うものになってると思う。

 

① 案件を受ける(各種ファイル、パッケージを頂く)
・必要ファイルが揃っているか、ちゃんと開くかを確認する
<受領ファイル>というファイルを作成し全コピーを保存(保全のため以後触らない)
・<作業用ファイル>というファイルを作成し印刷/Trados組込等に使用
・できればこの時点で外付けHDDにバックアップしておく
*メーラー/ネット接続/PCトラブル 何が起こるか分からないから万全に

② 原文PDFを片面印刷(図面も全て印刷)
・余裕がありそうなら更に1部片面印刷しノート左半分に貼る

③ 原文PDFの【独立請求項】だけ抽出してマーカー引く(何の発明かの大雑把な理解)

④ 余裕があれば、【全請求項】のマインドマップを作っておく
・発明全体を可視化し俯瞰する
・作成過程で明細書の理解が進む
・【装置】【方法】【システム】など、どのような発明か?どこに重心を置いた発明か?を把握

⑤ 図面があれば全ての番号に原文単語を付記する(内容把握に役立つ)

⑥ 原文をコピペして<EK Words>で分析
・頻出順単語リストをエクセルにコピペ
・ざっと上から見て重要そうな単語を30~50個選び、そのリストを印刷しておく

⑦ 原文を全て<秀丸>にコピペして前処理
・文字化けを自分ルールで置換
・センテンス毎に分割
・この時点でTradosに組み込みプロジェクトを作成(パッケージ受領の場合は不要)
各センテンスを<講座の手法>で更に細かく分割(作業をしながら全体の流れ/内容を把握)

⑧ セクション毎のワード数を割り出しておおまかな日割りをする
・【背景技術】【詳細な説明】【図面】【実施例】【請求項】
どこが一番手間取りそうかを事前に確認しておく(数式や化学反応など)
逆にスピードが上がりそうな部分も安心材料として把握しておく(繰り返し、列挙など)

⑨ スケジュールを組む(前半キツイの承知で厳し目で計画)
・事前調査(資料・明細書の読み込み 最低まるまる1日)
・実際の翻訳作業(ノルマ 2000ワード/日)
・見直し日(必ずまるまる1日設ける)
・予備日(分量にも依るが、計画段階で必ず2~3日は設ける)

⑩ まるまる1日かけて資料をひたすら読む
スケジュール通り、先ず焦らず安心して、とにかくひたすら読むと決める
・【表題】【要約】【請求項】のキーワードから検索し、ヒットしたPDFを軽く10件ほど読む
・10件程読んだ後、得た知識を武器に更にキーワードで絞込み、また10件ほど読む
・発明の範囲をある程度掴めたと判断できるまで読み続ける(あくまで決めたスケジュールは守る)

⑪ 翻訳にかかる
・基本【背景技術】⇒【詳細な説明】⇒【簡単な説明】⇒【実施例】⇒【図面】⇒【請求項】の順
・2000ワードをノルマとし、翌日リカバリーできるか範囲かを意識しながら進める
・<コメントの草案>を秀丸(翻訳用)に記録する(Tradosの番号を付記)
・<用語統一テーブル>を秀丸(翻訳用)に記録する(随時更新)
*バラつきに気付いた場合も修正せず最後に置換するようにする(未翻訳部分は統一用語にする)
・<その他疑問>も秀丸(翻訳用)に記録する
翻訳文を1日に数回印刷保存 & 1日1回のバックアップを忘れずに

⑫Trados上で用語統一(確認しつつ置換)する

⑬<原文><訳文>双方を片面印刷し、赤ペンで一語一語消しこみ訳抜けチェックをする
この時は訳抜けチェックのみに注力(表現ミスなどに気付いた場合は修正せずにメモだけ残す)

⑭訳抜けチェック済み<訳文>を再度片面印刷
・声に出して読む(ひっかかる部分はその都度修正)

⑮スタイルガイドを使用してチェック
*ここに<独自のチェックリスト>(自分のクセ)を追加予定

⑯ワードスペルチェック
・全角/半角の確認
・下付文字/上付文字の確認

⑰句読点のバランスを微調整(余裕があれば)

⑱提出形式に応じてファイル出力(Trados返信パッケージなど)

⑲コメントファイルを作成

⑳<翻訳ファイル><コメントファイル>を取引先へ送信(宅ファイル便)

 

とりあえず、以上です。
まだまだ細かい部分は抜けていると思いますが、現状の作業テーブルです。
さてさて半年後もっとスキルアップしているかな??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 管理人
    • 2016年 10月10日

    きんどる
    きんどる
    きんどる

    。。。。すばらしい、コンテンツだ!

      • ブログ主
      • 2016年 10月11日

      体験 = コンテンツ
      講座受講から1年の経過があっという間に感じているのですが、
      やはりまとめるなら今ですね。
      その内記憶が薄れてしまいそうです。

    • starting over
    • 2016年 10月10日

    こんばんは。
    勉強になります。
    ありがとうございました。

      • ブログ主
      • 2016年 10月11日

      こんばんは。
      ありがとうございます。
      たま~に自分の頭の整理のためにブログを活用しているだけですので、
      適当に使えそうなところは使って頂ければ幸いです。

    • レバレッジ受講生
    • 2016年 10月11日

    すっごく参考になります。消されたら困るので保存しておきました。かなりやり方を真似ると思います(-_-;)キンドル出されたら購入しますね!!待ってまーす♪

      • ブログ主
      • 2016年 10月12日

      こんにちは。
      ありがとうございます。
      今現在僕自身しっくりくるやり方を列挙しただけなので、
      たたき台的に使ってみてご自身に合うやり方を研究なさってみて下さい。
      また更新すると思います。

      あっkindle本のご予約を頂きました。
      書かないとっ!!

  1. 2016年 10月11日

特許翻訳のコツ

学会

展示会・セミナー

翻訳者の装備品

アーカイブ

今日は何を読もうかな