特許庁 ワン・ポータル・ドシエの歩き方

この記事は3分で読めます

こんにちは。

このあいだのブログ記事 特許取得までのドラマをチラ見しよう (←クリックで移動)で、特許の出願段階を調べるのにこんな便利なサイトがあるよってことをお話しました。

今日は、そのうちの1つ、日本の特許庁が提供する特許検索システム ワン・ポータル・ドシエ(←クリックで移動)について分かる範囲で書きたいと思います。

ワン・ポータル・ドシエ で できること

  1. パテントファミリーの一覧を確認できる
  2. それぞれのパテントファミリーの現在の出願状態を確認できる
  3. 出願に関するこれまでの手続き・審査状況を時系列にそってその書類とともに確認できる

と言ってもなかなかピンときませんよね。なので、3つの項目ごとにキャプチャ画像をまじえながら1つずつくわしく書いていくことにします。すこーし長いですがお付き合いください。

 

では、実際にワン・ポータル・ドシエを使ってみましょう。

サイト(←クリックで移動)に移動したら、まず↓↓のとおりに <特許出願番号>を選択して、半角で 2015-506005  と入力し<照会ボタン>をクリックしましょう。

ちなみにこの番号 2015-506005 は、東レが出願した医療用衣服の特許です。優先権主張国日本ですね。あとで出てきますのでちょっと覚えていてください。
*ココで注意:出願番号を入力するとき、頭のアルファベットPをはずして入力する

 

すると、こんな画面 ↓↓ があらわれます。
かなり情報が多いですね。1つずつ説明していきますのでご安心を。

 

①パテントファミリー を確認する

では、さっそくパテントファミリーの一覧を確認してみましょう。

あっそうだね。ごめんごめん。ちょっと焦りすぎたね。
パテントファミリーというのは、ある国で出願された特許をもとにして(優先権を主張して)、他の国々にも出願された同一特許、いわば兄弟姉妹のような複数の特許を含む1つのグループのことです。

*参考資料: Espacenet パテントファミリー
パテントファミリーとは (今岡特許事務所)
パテントファミリー(あいぎ特許事務所)

それでは、さきほどの医療用衣服のパテントファミリーをみてみましょう。↓↓

このパテントファミリーには4つの別々の国・地域における出願がありますね。最初にちょろっと書いたように、優先権優先国は日本です。日本でまず特許が出願されて、ちょっとしてからほとんど同じ時期に欧州、米国、韓国で特許出願されています。この特許のパテントファミリーには、もともとの日本の特許出願をふくめて4つあるということになります。

うん。ココってポイントをよくおさえていますね、エライぞっ!
優先権というのは、ある国(第1国)で特許を出願したあとある決まった期間内に、2つめ3つめなどと他の国や地域で出願するときに、その特許出願における新規性・進捗性の判断が、第1国での出願時に開示された範囲内で第1国の出願日(優先日)を基準としてなされる権利のことです。
この場合は、日本を第1国として出願したあと、欧州、米国、韓国にそれぞれで出願するときに第1国の優先権を主張して、それぞれの国・地域において日本での出願日を適用できるということですね。

*参考資料: パリ条約による優先権(特許庁)
優先権(Patent Result)
優先権(知的財産用語辞典)

 

②出願状態 を確認する

さて2つめです。もう一度さっきのパテントファミリをみてみましょう。 ↓↓

第1国の日本では特許が登録済、つまり特許権が与えられている状態ですが、欧州、米国、韓国ではまだ登録されていない状態であることがわかります。出願⇒公開⇒登録(特許発行)までの手続きを説明し始めると長くなってしまうので、ここではやめておきますね。

*参考資料: 特許庁 文献種別コード一覧表(平成28年10月)

③手続き書類 を確認する

最後に、手続き書類を確認してみましょう。
ここでは、すでに特許が発行されている日本の特許について順に追っていきます。

上から下へと時系列にそって順番に、日本の特許庁とやりとりした書類が記載されています。

↑↑の写真からわかるように、最後の特許査定にいたるまで、手続補正をして、拒絶通知書が発行され、それに対して一部手続補正をし、拒絶に対する意見書を提出し、また拒絶され、また意見書を提出したというプロセスを確認することができます。

なにがダメで、どの部分を修正して、どのような意見書を提出して、特許にいたったのかを、書類を印刷して勉強してみるのはいかがでしょう? 特許出願から特許取得までのだいたいの流れを把握できるようになると思います。

また、下記のようなマニュアルもありますので参考までにどうぞ。
(こっちの方が分かりやすいという可能性もありますね。。)

特許庁 ワン・ポータル・ドシエ(OPD)照会の使い方

特許庁 ワン・ポータル・ドシエ(OPD)照会 照会番号入力画面のヘルプ

特許庁 ワン・ポータル・ドシエ(OPD)照会 ワンポータル画面のヘルプ

 

最後に、このブログ記事の最初のまとめを貼っておきます。もうおわかりですね?

ワン・ポータル・ドシエ で できること

  1. パテントファミリーの一覧を確認できる
  2. それぞれのパテントファミリーの現在の出願状態を確認できる
  3. 出願に関するこれまでの手続き・審査状況を時系列にそってその書類とともに確認できる

*最後の最後に。

僕がいま分かっている内容について書きました。確認不足や勘違いで間違った説明をしている部分があるかもしれません。その場合はご一報いただけるととてもありがたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特許翻訳のコツ

学会

展示会・セミナー

翻訳者の装備品

アーカイブ

今日は何を読もうかな