白衣着てポリマー作ってきました。

この記事は2分で読めます

こんにちは。

もう1週間ほど前になるのですが、高分子学会関西支部が主催している『第8回高分子若手技術講習会』というのに参加してきました。旅行に行ったり何かとバタバタしてお疲れ気味で記憶の新しいうちに書けなかったのですが、忘れないうちにブログに残しておこうと思います。

現在翻訳の仕事で多少なりとも「化学」に接しているわけですが、文系大学卒の僕は高校を卒業してから実験器具に触れるということはありませんでした。翻訳対象文書に医薬品の製造や高分子材料の合成などがあり、書籍やネットの情報、YouTube動画などで足りない知識や化学をする人の感覚を補ってきました。でも目の前にモノがないと細かなことをイメージするにも限界があるなーと常々思っていていたところ、入会している高分子学会からポリマー合成やりませんか?という案内メールが来たのでパクッと飛びついた次第です。(あまりに瞬間的に食いついたので募集枠8名のところ受付番号1番で、講習会後に代表して修了証をフルセンテンスで読んで頂きましたw ちょっと気恥ずかしい。)

技術講習会は、大阪市立大学工学部の校舎をお借りして2日間にわたりました。
1日目 : メタクリル酸メチルモノマーのラジカル溶液重合実験
2日目 : 1日目に重合・単離・乾燥させたポリメタクリル酸メチルのキャラクタリゼーション
*SEC(サイズ排除クロマト)を使って平均分子量・分子量分布を測定
*TDS(示差走査熱量測定)を使って融点・結晶化温度・ガラス転移温度を測定
*HNMR(核磁気共鳴)で分子の立体規則性を評価

コレ↓とコレ↓を装備して実習に挑みました。
*お昼休み白衣片手にコンビニに向かい実験忙しいぜ阪大生を装っていたのはナイショです。

1日目の実習では様々なことを体験しました。

  • 三口フラスコ、冷却管、水浴、スターラー、攪拌子、窒素バブリング用のバルーン、温度計ホルダ、温度計、温度計用の流動パラフィンの充填、高さ調節用のジャッキ、接続チューブなど、実験器具の組み立て。
  • モノマー、溶媒、ラジカル開始剤などの計量(液体、固体それぞれの分取/計量の仕方)。
  • 温度管理と時間計測。
  • 重合反応を停止させた溶液をヘキサン中に注いでポリマーを析出させる。
  • アスピレータ、吸引瓶、濾板付き漏斗、濾紙を使用して減圧濾過(途中ヘキサンで洗浄)させ、濾紙を押し付けて余剰の水分(有機溶媒)を除去する。(途中かたまりになったポリマーの水分が取れずに苦労)
  • 電子天秤で合成したポリマーを計量。
  • 実験に使用した有機溶媒などを分類毎に処分。
  • 実験器具をアセトンで洗浄 ⇒ 水道で洗浄剤とブラシを使って洗浄

 

 

しっかり予習をして実験手順を順番に整理して望んだのですが、実際手を動かしてやるのは違います。冷却管を固定させるのにクランプを使うのですが、いったいどのくらいのグリップ力で締め付けたら良いのかガラスが割れそうでひやひやしました。また、冷却管の入水口がなぜ下で出水口がなぜ上なのかも実験をとおして理解できました。固体試料を分取測定する際の薬包紙の扱い方(4つ角だけを少し折って粉体がこぼれないようにする)がとても勉強になりました。あとは、薬さじやスパチュラの使い方がなかなか難しかったり。。窒素置換した後の三口フラスコの開口部を一瞬開けてラジカル開始剤を投入したり、などなど。

 

今回学んだことを書き連ねるとキリがなくなってしまうのですが、参加して本当に良かったです。正直お値段はそこそこ張ります。2日間の実習の2ヶ月前に2日間の座学にも参加したのですが、座学が3万円、実習が4万円の合計7万円です(高分子学会員の割引値段)。そのためほとんどの参加者が企業の研究関連職の方だったと思います。しかし、第一線で活躍されている大学教授の皆様から広義を受けられて、実験では近くで質問できて助言まで頂けるという、その方々の時給を考えると破格の値段です。(実験では僕が初心者ということで、大学院の研究者の方お一人に付きっ切りでご指導頂きました)

実際に自分で手を動かしてパニックになりながらも考えて考えて体験したことは、これからも翻訳の仕事をする上で大いに役立つと思います。2日目の実習のことを書きたいところですが、1日目を端折って書いただけでもそこそこ長くなってしまったのでまた次回に分けて書こうと思います。

 

今回お世話になった先生方、大学院所属の研究者の方々、ならびに関係者の方々、大変お世話になりありがとうございました。初心者が紛れ込み運営上大変だったと思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 管理人
    • 2017年 8月8日

    えらいっ!!

    実際にここに投資して勉強している翻訳者って

    ほとんどいないはずです。

    年に2回ぐらい学会関連イベントに投資できるといいですね。

    これからもさらに上を目指して頑張ってください。

      • ブログ主
      • 2017年 8月8日

      管理人様

      コメントありがとうございます。
      ご無沙汰しております。
      そして元気にやっております。

      まー興味が先立って前のめり感が否めないのですが(笑)
      自分の興味や仕事にどんどん投資できるように
      もっと稼げるように頑張ります!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特許翻訳のコツ

学会

展示会・セミナー

翻訳者の装備品

アーカイブ

今日は何を読もうかな