astah professional を導入

この記事は1分で読めます

レバレッジ特許翻訳講座
【1498】学習加速装置としてのUMLモデリング を視聴して

astah professional というツールを導入。

astah professional

かなり以前のビデオでもご紹介されていて、その時は漠然と何かすごいなーぐらいにしか思っていなかったのですが。。

マインドマップソフトを普通に利用するようになってからは、図の配置をもっとアレンジしたいなどの欲求が出てきました。このソフトは頭の中のものを整理するだけではなくて、その ”アウトプット” を更にブラッシュアップするのに役立ちそうです。

早速導入しました。(3万円弱です)
こういった一見特許翻訳の仕事とは関係なさそうなソフトにも投資できるというのは、すごく有難いことですね。実ジョブをしていなかった時期には、必要な辞書ソフトを購入するにも多少買う順番とか考えてましたし。

ちょこちょこいじってみてブログにも活用例としてUPします。
Xマインドの様に、早くサラサラッと使いこなせるようになりたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特許翻訳のコツ

学会

展示会・セミナー

翻訳者の装備品

アーカイブ

今日は何を読もうかな